30代から始める首イボケア!

 

首やデコルテのざらつき・ブツブツが気になってきた・・・・

 

首のイボやざらつきの原因は古い角質です。

 

つまり、加齢によって首まわりなどにボツボツができ始めます。

 

対策は?

 

皮膚科などレーザー治療がベストです。

 

ですが、ブツブツができるたびに、何度もクリニックへ足を運ぶのは面倒ですし、お金がかなりかかります。

 

そこで、おすすめなのが、●●!

 

●●とは、オールインワンジェル&クリームのことです!

 

おすすめのイボケアのジェルランキング

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

首回りのイボについてQ&A

 

首まわりのイボ

 

老人性いぼの原因は?※どうして首回りに

 

首回りにいぼができてしまい、気になっているという人もいるでしょう。

 

首回りにできるいぼといってもいろいろありますが、加齢によってできてしまうことが多いです。

 

40〜50代になるとできやすいため、老人性いぼと呼ばれることもあります。加齢とともに皮膚が衰えてしまうため、老人性いぼができてしまうと言われています。

 

首回りだけでなく胸などに発生することもあります。見えにくい部分なので気づきにくいこともありますし、
気付いた時には結構大きくなっていたということもあるでしょう。

 

しかし、最近では若くても首回りにいぼができてしまうことがあります。いぼには感染性と非感染性の2つの種類がありますが、
首回りのいぼはウイルスによる感染性のものが多くなっています。首回りにいぼができても突起の少ないいぼだと気づきにくいとされています。

 

気付いた時には数が増えており、驚いてしまうこともあるでしょう。

 

加齢が主な原因とされていますが、外的要因によって首回りのいぼができてしまうこともあるので注意が必要です。

 

いぼを予防するためには首の肌に負担をかけないようにすることが大切です。最もダメージを与えるのが紫外線と言われており、
夏は特にきちんと紫外線対策を行いましょう。

 

 

首回りの老人性イボはレーザー治療でとれる?

 

老人性イボは脂漏性角化症と呼ばれる病気で大きさは一ミリメートルから五ミリメートルのものが多いですが、
稀に一センチメートルを超える大きなイボが発生してしまう事もあります。色は肌よりも少しだけ濃い茶色をしており、首回りに多く出来てしまう原因の一つは衣服との擦れになります。

 

ワイシャツやポロシャツ等の首回りが狭い衣類を着る機会の多い方は特に首回りが擦れる機会が多いために発生する可能性が高い傾向にあります。

 

茶色系統の色をしているため、イボではなくシミと勘違いされてしまう方が多いですが、しっかりと病院で診察してもらう必要があります。

 

シミかイボであるかによって治療方法が大きく異なっており、間違えてしまうと改善しないため注意が必要です。

 

老人性イボの治療は自宅でケアする事は出来ず、皮膚科や整形外科でレーザー治療を受ける事で完治する事が出来ます。

 

特殊なレーザーで炭酸ガスレーザーと呼ばれる医療機器になり、レーザー治療では、一回の施術でイボがとれる点に特徴があり、イボと同じ大きさで皮膚を切除するため、傷口が大きくなりません。

 

また、他の治療方法と比較すると炎症後に後色素沈着が発生しにくいので、女性の方にとっては大切な要素になります。

 

 

ヨクイニンの効果と副作用を解説

 

ヨクイニンはイネ科の麦であるハトムギの種に含まれる成分です。

 

その効果が最もよく現れるのが皮膚への効果で、漢方薬としてもよく利用されています。皮膚のイボや肌荒れがひどい時などに飲んでみるとかなり症状が改善することもあります。

 

また、大人だけでなく、子供でも飲めます。保育園などで水いぼがあるからプールに入れてもらえないというような子も、
ヨクイニンの内服で早く治ってしまうことも期待できます。

 

その効果の理由としては皮膚の新陳代謝を促進したり、
結構の改善、皮膚のターンオーバーの改善などの作用によるといわれていますし、加齢による皮膚のしわやたるみなどにもその効果が期待できるのです。

 

また、皮膚だけでなく便通の改善や腎機能や肝機能の改善が見られたという方向もあり、様々な効果があります。

 

一方で、多くはないですが副作用には気をつけておかなければいけません。

 

特に漢方薬ではヨクイニンだけが含まれているわけではなくほかの成分が含まれていることもあり、じんましんなどのアレルギー症状、下痢や腹部の違和感などが現れることもあります。

 

さらに、妊娠中の方は早産の危険が現れることもあるので、必ず産科の担当医と相談してから内服したほうが良いとされています。

 

イボコロリの液体タイプの特徴

 

イボコロリ液体タイプは、主要成分としてにサリチル酸という成分が含まれていることが特徴です。

 

サリチル酸とは、アスピリンと似た成分で、主に鎮静効果、消炎効果が期待されいる外用薬成分が含まれています。

 

そのためにイボが出来ている幹部の皮膚を柔らかくしていく効果があります。この効果を角質軟化溶解作用といいます。

 

イボがとれる仕組みは、主要成分のサリチル酸がイボ独特の硬い皮膚を腐食させてブヨブヨにすることで、
皮膚を新しく再生しようとします。細胞分裂を活発に繰り返させて、
皮膚がターンオーバーをする過程でイボとなった硬い角質をどんどん押し上げて、最後にはイボが皮膚から取れるという仕組みになっている治療方法です。

 

イボがコロッと簡単に取れることからイボコロリと命名されました。使える部位は足や手の指などです。

 

注意点は、サリチル酸は皮膚を腐食させられるだけ強力な成分で、健康な皮膚にも影響を及ぼし傷つける場合があります。

 

過って健康な皮膚についてしまった場合には、早めにふき取って下さい。

 

また、首筋、顔、粘膜などの皮膚が薄い部分への使用も控えてください。肌荒れ、色素沈着を起こす可能性があります。妊婦や糖尿病のの方は専門医の許可を経てから使用してください。